お問い合わせ

冷え性で運動しても治らない!そんな方におすすめ♪

2018-07-27  体のこと, 妊娠力アップの鍼灸術

冷え性が運動しても改善しない

そんな方がよくいらっしゃいます。

 

その理由は、

大きく分けると3つです。

1、運動が足りていない

2、自律神経が緊張している

3、その他の病気など

 

ですね。

運動量が足りてない方の特徴は

・学生の頃に運動をしていない

・定期的な運動をしていない

・筋肉量が足りていない

・ヨガやストレッチしかしていない

・週に2回以下の頻度

というところです。

 

割とシンプル( *´艸`)

1つでも心当たりがあれば

間違いなく運動が足りてない可能性が

高くなるので

運動の習慣をつけてみてください。

具体的にはあとで書きますね!

 

でも次からのふたつが

隠れた冷え性に多いです。

 

2、自律神経が緊張して冷え性

自律神経が緊張しすぎていると

手足の血管が縮こまって

血が流れなくなって冷えてきます。

 

体が温かいかどうかは

血流がすべてなので

血管が縮こまっていると

血流が悪くなります。

 

それによって冷えてしまうパターンですね。

それにはこんな方がなりやすいですが

・ストレスを感じやすい

・朝からシャキ!!!と目が覚める

・あまり疲れとか感じない

・仕事をハードにこなすのが好き

・妊活以外の悩みはなくいつも元気

・ハードに運動のし過ぎ

などですね。

 

全体的には一見ポジティブ(*´▽`*)

 

これは自律神経の交感神経が

働くことによって

冷え性が運動しても治らなくなる状態ですが

こういう方の場合には

むしろ間違った運動した方が治らなくなる

という特徴があります。

 

やばいすね・・・注意です。

 

なんでそうなるかというと

何かを楽しむときには

心がしゃき!っとなってた方が

思い切り楽しめますよね。

 

そしてその状態になっていると

交感神経が働きやすくなります。

 

また、運動をした時にも

交感神経が働きやすくなります。

それによって運動しても冷え性が治らない

という状態になるんですね。

 

で、3つめは

何か他の病気があるケース。

 

よく勘違いされますが

冷え性が不妊や婦人科の病気を引き起こす

と考えがちです。

 

全部が間違ってはないんですが

ちょっと勘違いがあります。

 

人間の体は冷え性で悪くなるのではなく

何か病気があることで

全身の血の巡りがよくならないために冷える。

というのが正しいことが多いです。

 

もちろん女性で

冷えた季節に肌を露出していれば

冷えによって婦人科の病気になる場合もありますが

冷やしているのと

冷え性は違う、ということですね。

 

冷やすことで病気になるのと

もともと体の不調があって

それによって冷え性になるのは違う、ってことです。

 

で、服装などによって冷えているだけ

という場合には

服装(特に靴、靴下、手袋)を変えるだけで

温まることがほとんどです。

 

また、不調によって冷えている場合には

冷え性をどうにかしようとするよりも

原因の不調がなくならないと

冷え性は改善しないですね。

 

運動しても治らない冷え性の場合は

まずはいろんな原因があるので

専門家に話を聞いた方がいいですね。

 

当院で妊活している方にも

とても多いです。

 

お腹やお尻、ふくらはぎ、足先などが

触ってみると冷たい~~~(T_T)

 

とうぜん不妊の原因にも

「冷え性」は大いに関係します。

 

冷え性は血のめぐりの悪い状態なので

卵巣や子宮への血流がよくない状態。

 

でも、心配はいらないです。

 

冷え性が運動しても治らなくても

その人に合った

血流が良くなる方法がたくさんあります!

 

それとちょっとひとつ

冷え性が運動しても治らない方に

試してほしいこともあります。

それは1日1分だけの運動。

 

なにそれ?1分だけ?

 

ってみんなよく思うみたいなんですが、

1分が短かったら3分でもいいです(笑)

 

1、スロージョギング

冷え性が運動しても治らない人には

これがとても効きます。

 

やり方は簡単で

その場、もしくは歩くのと同じスピードで

ゆっくりジョギングするというもの。

 

ジョギング、といっても

ガツガツ運動するためじゃなく

ゆっくりと血流を巡らせるためにやるもの。

信じられないかもしれませんが

当院でこれを教えると

冷え性が運動しても治らなかった方が

2週間くらいで改善したりします。

 

ポイントは体がだらーっとなって

全身の力が抜ける感じです。

これ重要(゚Д゚)ノ

 

2.お尻歩き

床や畳に足をまっすぐ伸ばして座り、

姿勢を正して、片方ずつ

お尻を使って前進・後退を繰り返します。

10歩前進して10歩戻ります。

 

腕はジョギングのようにして、

骨盤を左右に揺らしながら

リズミカルに行いましょう。

 

できるようになったら、10歩ずつにしてみましょう。

これも1分からやってみましょう。

 

こういうほんのすこ

少しずつ続けることで、

体が目覚めて血流が良くなり

冷え性が改善していきます。

 

ぜひ実践してみてください。