お問い合わせ

痛みとストレス

2018-02-22  頭痛について

おはようございます、宮崎です。

 

ストレスが痛みを起こす。

そう言われてイメージはできますか?

 

多くの方はストレスと聞くと

精神的なものと考えるようです。

 

そのため肉体の反応である痛みと

イメージがつながらないためか

ストレスで痛みが出るというと

とても驚かれる方が多いですね。

 

ストレスは心だけではなく

体の痛みを起こすものです

 

今日は痛みとストレスの関係性の話。

 

 

ストレスは身体を硬くします。

無意識に全身に力が入っている状態を引き起こします。

 

以前、こんな方がいました。

鈴木さん(仮名)という方なのですが、

オフィスの事務員として働かれていて

マッサージや整体を定期的に受けていますが

いつも首肩のコリが取れないと悩んでいました。

 

鍼灸を受けるようになってそれが緩和し

マッサージを受けていたころよりも

少ない回数で定期的に通っていました。

 

ある日のこと。

普段温厚な鈴木さんが

仕事中にものすごく怒ったそうです。

 

声をあらげたりはなかったそうですが

その瞬間から

首がおかしくなるのを感じたようです。

 

それから全身が硬直してしまい

首の痛みや頭痛が定期的に起こるようになりました。

 

これは怒りによって筋肉の

急激な硬直を起こしたものと考えます。

 

それによって血流を阻害し

痛みを引き起こしたのてしょうか。

 

特に首は小さい筋肉が多く

感情が引き起こす強烈な硬直は

ダメージを残しやすいですね。

 

こういう怒りなどの強い感情と

痛みが同時に出てしまう方はとても多いです。

 

そんな方の対処法は

1、ストレスが痛みを起こすことを理解して頂くこと

2、ストレス状態から心をリラックスさせること

この2つがあれば毎日快適に過ごせます。

 

ストレスを精神的なものと決めつけてしまうことで

もっと良い対処ができなくなってしまいます。

 

まずはご自身にストレスがどう働いているか

お身体と向き合うところから始めるといいですね(*´ω`*)

 

宮崎圭太