お問い合わせ

体を冷やさないために

2013-11-30  体のこと

体を冷やさないために

寒いですね!!

今日で11月も終わりです。

来月はついに12月。

街がクリスマスでルンルンし始めますね。

さて、今日はそんな寒い毎日のために

体を冷やさないための簡単な知識です。

でも、意外と知らない人が多く

特に女性のためには冷えは大敵にもかかわらず

対策をされていない人がとても多いです。

人間の体には、

常に同じ状態を保とうとするシステムがあります。

例えば、体温は元気ならだいたい36℃くらいですよね。

外気温が寒くても暑くても

人の体はこの36℃の同じ体温に保とうとします。

温度を生むためにはエネルギーが必要で、

寒い日には熱を作り続けています。

しかし、当然寒い時に薄着になれば

人間の体の生み出す熱エネルギーは外気温に負けるので

どんどん体は冷えていきます。

そのため、冬はちゃんと温かい格好をしましょうね。

まあ、当たり前なんですが 笑

その温かい格好に、ちょっとしたコツがあります。

それは肌が外気に触れる面積をできるだけ減らさなければならない

ということです。

外気に触れる場所は当然、他の場所より冷えやすいです。

頭・顔・首・手・足

などが冬場だと出ていることがありますよね。

もちろん、ファッションの好みによりますが、

女性は男性に比べると、比較的に肌の露出が大きくなりがちです。

肌が露出しているところがあると

そこが一気に冷えてしまいます。

人間の、体を常に同じ状態をに保とうとするシステムは

その肌の露出したところの冷えを感知して

そこを温めようとします。

しかし、当然温めても温めても

外気によって冷えていきます。

それを繰り返しているうちに

体内の熱産生能力が低下して

身体全体が一気に冷えていきます。

そのため冷えを対策していくコツは

『体の外気に触れている部分を減らしましょう』

ということです。

帽子、マフラー、手袋、スカートではなくズボンを履く

などです。

すごく当たり前なんですが

ファッション的にそれができない人が多いんでしょうね。

冷えを対策するために、まずは冷やさないようにしましょう。

宮崎