お問い合わせ

卵のパワーをご存知ですか?

2013-10-04  妊娠力アップの鍼灸術

 

卵といえば、

 

オムレツや目玉焼き、

親子丼、茶碗蒸しなどの卵料理、

パンやケーキにも使われている

いまや私たちの生活には欠かせない存在ですよね。

実際に、

日本人の一人当たりの一年間の消費量は

平均一日一個食べているそうです。

これは主要先進国の中でも

際立って多いようです。

 

そんな卵のパワーを

あなたはご存知ですか?

 

卵に含まれる栄養素としては

・タンパク質

・葉酸
・ビタミンE
・ビタミンA
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンD
・ビタミンB12
・カルシウム
・マグネシウム
・リン
・亜鉛
・鉄分

 

があります。

 

卵はいま、不妊治療の現場でも注目されていて、

研究や実験が進んでいます。

すでにヨーロッパでは

卵の成分を栄養剤の一部に組み込んで

習慣性流産や不妊治療への利用が

広まってきているそうです。

 

よく、
「卵は、コレステロールが高いから。。。」

と言って食べるのを控えてしまう方がいますが、

コレステロールは体内では細胞膜の主成分であり、

脳神経の刺激を伝える神経組織や

小腸で脂肪の消化の働きのある胆汁の成分でもあるので、

生命の維持には欠かせません。

 

人間は必要なコレステロールの80%を肝臓などの体内で合成し、

食物から摂取するのは20%程度です。

 

つまり、

コレステロールを食品の成分として摂取しても、

体内で作るコレステロールの量を加減するので、

急に血中の濃度が高くなることはありません。

 

食品からのコレステロールの1日摂取目標量は、

 

成人男性750mg未満
成人女性600mg未満です。

 

卵1個(全卵L60g)のコレステロール含有量は214mg。

 

血中コレステロールの高い人は、

食品からのコレステロール摂取量は300mgを

超えないことが望ましいです。

そのような方は

卵1日1個にした方がよいですが、

そうでなければ
一日2個食べても大丈夫です!!

と、いうより、

不妊治療中の方は積極的に一日2個食べましょうね!

卵は、
体内で合成できない8種類の必須アミノ酸をバランスよく含む

良質のタンパク質食品です。

卵黄に多く含まれるレシチンは、

細胞膜や神経組織を構成するコリンの供給源です。

 

また、免疫力を高めるビタミンAや、
新陳代謝を活発にするビタミンB群も含み、
完全栄養食品とも言われています。

 

子宮の内膜をフカフカに、厚みある状態にするにも、

健康な卵子を育てるにも

皮膚、筋肉、脳、神経、内臓、、、を作るにも

卵は体のすべてを作る原料になります。

※もちろん卵だけしか食べない、卵しか食べないのはNGです
バランスよく色々食べてくださいね。

 

ぜひ卵一日二個を目標に

食卓に取り入れてください♪