お問い合わせ

27歳で結婚し、そのうち授かればと思っていましたが、30歳を目前にして気持ちが焦り始めた。

①鍼灸を受ける前は、不妊症があることでどんな風に悩んでいましたか?
27歳で結婚し、そのうち授かればと思っていましたが、30歳を目前にして気持ちが焦り始めた。

②それを解決するために、どんなことをされましたか?もしくは、どんな治療を受けていましたか?
・食生活を気をつけるようになりました。和食中心でバランスよく、一汁三菜を心がける。
・自分の体を知ることも大切だと思い、勇気を出して夫婦で病院へ。
特に問題は見つからず、タイミング→人工授精→転院して体外受精と進む。

③その結果、どうでしたか?
・タイミングで2回妊娠するも、流産。
・体外受精1回目→着床したが、化学流産。2回目→妊娠

④なぜ、当院で針灸を受けようと思ったのですか?決め手となったことなど教えてください。
きっかけは流産で体調を崩してしまったことでしたが、針灸が不妊治療にも効果的だと知り、半信半疑で続けてみようと思った。

⑤当院の針灸を受けて、1番良かったこと、嬉しかったこと、生活の変化は何でしょうか?
昔から冷え性で、常に手足が冷えていたのですが、主人に「手があったかい!!」と言われるようになり、効果が出ているのかなと実感。
どんな小さいことでも親身に相談にのっていただき、不安が和らぎました。施術を受けることで、体の不調を早く改善し、ストレスをためないことが大切とわかった。