お問い合わせ

鍼灸と月経周期調節法

2013-10-25  妊娠力アップの鍼灸術

台風が心配ですね。。。

夜のうちに去ってくれるといいのですが・・・

 

さて、今日は、

鍼灸と月経周期調節法のお話です。

中国では古くから

鍼灸や漢方での不妊治療が

行われてきました。
1980年代には

女性の月経周期の中医学理論と
西洋医学の理論を結合した、
新しい不妊治療法である

『周期調節法』

が中国で発表されています。
周期調節法は中医学理論の基本である、

人の身体が本来持っている力を

あくまでも尊重します。

不妊治療でも

西洋医学のホルモン療法とは違い、

身体の調子を整えながら、

ホルモンの分泌を無理なく

最大限に活発にして、

妊娠しやすい身体にするのが特徴です。
女性は初潮から閉経まで、

・月経期
・低温期
・排卵期
・高温期

の4期のプロセスを繰り返します。
この周期に合わせ、

鍼灸治療を行うことで

妊娠力をアップさせる手助けができます。

☆鍼灸治療の目的

・月経期⇒
月経血を排出する子宮筋や血管に働きかけ、
赤ちゃんの宿る部屋をきれいにお掃除。

・低温期⇒
質の良い卵を育てながら、子宮では卵を迎える
丈夫なベッドづくり。

・排卵期⇒
ホルモン分泌の連携を良くし、
スムーズな排卵と、
子宮を温めて着床準備。

・高温期⇒
やわらかで温か、栄養も豊富に送れる
快適な部屋で赤ちゃんを育てる。

周期調節法は

身体のリズムを整えることによって、

自然妊娠はもちろん、

体外受精の成功率、

受精卵の着床率も高められることから

西洋医学の治療と併用する利点は

大きいといえます。
あなたの月経周期を安定させ、

妊娠に適した身体のサイクルを作りましょう(^^♪