お問い合わせ

急な気温や気圧の変化

2013-11-15  体のこと

寒いですね!

なんか急に寒くなったから、
洋服がまったくついて行ってません。

おかげで毎日同じ格好で出勤してる宮崎です 笑

 
さて。

 

人の体には、『ホメオスタシス』という
体を一定の状態にキープするためのシステムが存在します。

例えば

寒い日には代謝が上がるホルモンを分泌して
体温を高温にキープしたり

反対に暑い時には汗を出して体温を下げたりします。

 

他にも、筋肉をたくさん使いすぎてダメージが残れば
たくさん使いすぎてもダメージを受けないよう補強したり

体内にウィルスなどの病原菌が侵入すれば
それを駆除する免疫機能を働かせたりします。

 
このようなシステムによって
人の体は一定に保たれるようになってます。
しかし、そのシステムが対応できないような急激な変化が起こると
閾値を超えて、人の体に影響を与えます。

 

短期間の大きな変化は体に負担になりますよね。
急な気圧の変化や、気温の変化もそのひとつです。
そしてそれが行き過ぎると、病気や怪我になります。
季節の変わり目に風邪やぎっくり腰になりやすいのはそのためです。
そういう時期には体温の管理、
血圧や脈拍などの血流の管理がとても重要です。
疲労を回復させて良い状態をキープしつつ
運動などで血行の良い状態を作ると
風邪や怪我になりにくいですね。
鍼灸もとても効果的です。
季節の変わり目の体調の悪い時には
ぜひ鍼灸を受けて、良い状態で乗り切ってくださいね。

宮崎