お問い合わせ

妊活の情報、多すぎてストレスになっていませんか?千葉県柏市の鍼灸院スタジオシュカ

2015-03-24  妊娠力アップの鍼灸術

妊活情報、たくさん集めていますか?

今日は情報を集めすぎて
かえって赤ちゃんができづらくなっている人のお話です。
柏市の不妊・美容専門サロン【スタジオシュカ針灸治療院】
http://柏鍼灸.com/

 

 

おはようございます。

スタジオシュカの宮崎です。

 

今日はですね、妊活中の方が、

結構多くの方が間違ってしまうことについてお話したいと思います。

 

うちにいらっしゃる方で、こんな方がいらっしゃったんですけれども

すごくいろんな情報を、いろんなところから集めて、

 

いろんなことを、身体について良いというものをやっているけど

身体があったかくならない、妊娠がなかなかできないと

おっしゃる方がいらっしゃいました。

 

 

その方は、僕の著書の本も読んで頂いて、

こんなこともやっています、こんなこともやっています、

こんなこともやっていますと言って

 

朝から晩まで結構いろんなことをやって頂いたようなんですけれども

基礎体温が結構バラバラとおっしゃっていて、

 

ガタガタとしちゃって、高温期と低温期できれいに分かれない。

ということが悩みという方がいらっしゃいました。

 

 

そこで、気をつけてほしいのが、その方の場合は

情報がとにかく入りすぎているというのがすごく問題だな。

と僕は感じました。

 

情報って、実を言うとたくさん入れれば入れるほど

東洋医学的には、「肺」という場所に情報を受け入れる場所があって

 

情報の受け入れを肺がし過ぎることで

肺が疲れてくるんですね。

 

肺が疲れてくると、どうなるかと言うと

深く呼吸ができなくなるので

 

この辺だけで浅い呼吸をするようになるし、

肩が前に出てくるので、肩がすごく凝りやすくなります。

 

首も凝りやすくなります。

 

なので、首とか肩が凝りやすくなって

この辺がこうガチガチになって

 

呼吸が浅くなってきてしまったりとか、

深く吸い込もうとしてもうまく吸えないというような

状況になってですね、

 

酸素が身体中にしっかりめぐらなくなったりとか、

呼吸が浅いと交感神経が過敏に、優位になってくるので

 

末端の血の巡りが悪くなって、すごい手が冷たいとか

こんなに運動しているのに、こんなにあったかくなるように

 

色んなことをやっているのに全然あったまらない。

というような状態になってきたりします。

 

 

まず一つやってほしいものとしては、

情報を身体に入れない習慣をつけてほしいんですね。

 

もしあなたが、いろんなインターネットのサイトを見て

情報を見て、そうなんだ、そうなんだと思ったりとか

 

いろいろ不安になったりしたりということがすごくあると思うので、

まずは情報をシャットアウトするようにしてください。

 

 

情報のシャットアウトの仕方としては、

単純にスマホですね。

 

あとはパソコン、テレビ、ニュース、雑誌、本、書籍類なんかも

ものすごく情報が溢れすぎているので、

 

そういうのを極力見ないようにするというのが重要です。

 

そういうのを見なくても、すでに情報って勝手に流れてくるので

そういうのを見なくても必要な情報っていうのは、

 

あなかたが妊活をしたいな、赤ちゃんがほしいなと思っていれば

必要な情報っていうのは勝手にあなたの中に入ってきます。

 

 

なので、ムリに情報を入れて

いろんなことをやろうとするのではなくて

 

まずはいろんなものを一回捨てて、1つだけやっていく。

というのがすごく重要です。

 

なので、まずは情報を捨ててみて頂きたいと思います。

情報を捨てて、シャットアウトしてみてください。

 

何かを、いろんなことをやり過ぎているなと感じるのであれば

何かを1つ止めてみてください。

 

いきなり全部を止めると、かえって良くないのかもしれないので

少しずつ止めて、止めても何も変わらなければ

 

それはあなたの身体にとって、プラスでもマイナスでもなかったものなので

特にムリして頑張る必要はないんですね。

 

なので、少しずつ止めてみてください。

 

 

逆にですね、やっていてすぐに効果を感じていたようなもの。

たとえばジョギングとかすると、すぐ身体が暖まるじゃないですか?

 

そういうのはムリに止める必要はないと思います。

そういうふうに取捨選択して、

 

やっていることとか、

情報を減らすように努力をしてみてください。

 

情報とか、やらなきゃいけないことを減らすのは

すごい努力がいります。

 

なので、まずはちょっと頑張って1つだけね、

3つも4つも減らしちゃうとまた何か変わってきちゃうので

1つだけ減らしてみてください。

 

 

その減ったものが、後々「あれ、やっておけば良かったんだな」と

気づくときがあればやればいいし、

 

「変わらないな」とか思えば、それもそれで止めればいいと思います。

そんな感じです。