お問い合わせ

効果的な半身浴

2013-12-12  お知らせ

こんばんは、山本です。

ここ最近、冷え込みが一気に増した気がします・・・

さてさて、

あなたは普段の入浴で

「シャワー」ではなく、
「湯船」に入るように意識していますか?
時間がないとき、疲れているときも

簡単にサッと汚れが落とせて便利なシャワーで

済ませてしまってる、

なんてことはないですか?
実はこのような入浴習慣は、

冷えを引き起こす原因にもなります。
シャワーだけでは

表面上温かくなっても

体の芯から温まることはできません。

また、熱いお湯を体に当てると

交感神経が優位なまま

緊張状態が続いてしまい、

かえって血流が悪くなってしまいます。
湯船に浸かると、

ウエストが3~6センチ細くなるほどの

水圧が全身にかかり、

たまった血液が押し出され、

血液の循環が促進されます。

また、

湯船の中では浮力が働き、

体重が普段の9分の1になって

筋肉や関節を休めることにつながるので、

カラダをリラックスさせる効果も

期待できます。

さらに、ぬるめの温度でじっくり温まることで

副交感神経が優位になり、

血管が拡張し、血流が促進されるのです。
骨盤の中にある子宮や卵巣。

ここに栄養たっぷりの血液、ホルモンを運ばせるためには

特に下半身を温めて血流を良くすることです。

 

そこで、

今回は効果的な半身浴方法をお伝えしますね。
まず、

湯船は38~40℃くらいのややぬるめに設定。

20~30分程度、胸から下(下半身)だけ浸かる。

☆ポイント
1、入浴中や入浴後にもこまめに水分補給
(常温のものか白湯を)

2、お風呂のふたを閉める、
またはビニール傘をさして入るとサウナ効果(笑)
心臓や肺に負担をかけず、

下半身を集中的にじっくりと温めることで

子宮や卵巣などの骨盤内の臓器の血行を促進します。
毎日の入浴は

シャワーだけではなく、

必ず湯船に浸かるようにしてください(^^)/

半身浴もぜひ、
取り入れてみてくださいね~(^_-)-☆