お問い合わせ

冷え

2013-02-08  妊娠力アップの鍼灸術

 

おはようございます。

宮崎です。
実はビックニュース。

今日からお手伝いさんが

スタジオシュカにいらっしゃいます。

 

山本さん、という

不妊や妊婦さんの治療に強い

女性の鍼灸師さんです。

彼女のお師匠さんが

フランスで指圧を教えたり

本を書いている有名な方なので

彼女の鍼技術は

ものすごくレベルが高いです。
しかもまだ20代。

羨ましいぜ!!!
そんなわけで山本さんは

不妊や妊婦さん以外の治療もできるので

遠慮なく声をかけてくださいね。

 

 

さて。

妊娠という、

人の体の中で

子供を作る機能というのは

『本人が生き残る』という観点からは

関係のない機能です。

 

そのため、

体の生命維持装置の性能が低下していると

栄養がまったくいかなくなるので

うまく働かなくなります。

 

今、ちょっと使ってみましたが

この『生命維持装置』って

何のことだかわかりますか?
人間の機能の中で

もっとも重要な生命維持の機能は

『血液の循環』です。

 

病院では『循環器内(外)科』という科がありますが

心臓・血管・血液が

人間にとってもっとも重要な

『生命維持装置』です。
そのため、これが止まると

即、死に繋がります。
そして、あなたはこの生命維持装置の

現在の状態を知るための

注意信号を知っています。

 

ちなみに警告信号は『激痛』です。

この装置が止まると死に繋がるので

体は激痛によって危険を脳に伝えます。
心筋梗塞や狭心症が激痛なのはこのためです。

 

では、注意信号は?

 
答えは『冷え』。

 

人間の体温はおもに

血液によって運ばれる

エネルギー源によって発熱され温められたり
もしくは温かい血液によって

直接温められます。
つまり『冷えている』状態とは

血液がうまく循環していない

もしくは

血液によって栄養が届いていない

『注意を要する』状態です。
注意を要する、と書くと

まあ、まだ大丈夫

って思ってしまうかもしれませんが

体はこれにしっかりと反応するので

生殖器官への血流は激減します。
それによって、

卵子や精子の質は低下する上に

妊娠しづらい状態となってしまいます。

 

冷えには十分に注意してくださいね。

宮崎