お問い合わせ

冷えの改善にはやっぱり運動でしょ!

2018-07-27  体のこと

女性は足腰が冷える方は

結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

お腹やお尻、ふくらはぎ、足先などが

触ってみると冷たく感じる人は、

下半身が冷えている証拠です。

 

不妊の原因にも「冷え」は大いに関係します。

骨盤内臓が冷えているということは、

卵巣や子宮への血流がよくないことになります。

 

しかし心配はいりませんよ。

血流が良くなるようにしていけばいいのです。

 

何をしたらいいかというと・・・運動ですね!

運動?といっても、毎日1時間歩くとかは難しいですよね。

 

一日3分だったら、毎日続けられますか?

3分でいいから毎日続けられる!

ことの方が、体に良い変化をもたらします。

 

たくさんの刺激より少ない刺激で、

人の体は変えられるのです!!

 

では、いくつか運動を紹介いきましょう。

 

1.その場ジョギング

わざわざ出かけなくても、

起きたその場で軽い腿上げみたいにバタバタするだけです。

3分も結構長いですから、

最初は1分からでもいいですよ。

 

腕をランニングの形にして上下に体を揺すりながら行うと、

肩甲骨の周辺も動かすことになり、

肩こりにも良く1分でも汗ばんできます。

 

腿のあげ方を変えたりして、

骨盤が揺すられるようにすると、

骨盤内臓の血流も良くなっていきます。

これが大事ですね!!

 

2.お尻歩き

床や畳に足をまっすぐ伸ばして座り、

姿勢を正して、片方ずつ

お尻を使って前進・後退を繰り返します。

10歩前進して10歩戻ります。

 

腕はジョギングのようにして、

骨盤を左右に揺らしながら

リズミカルに行いましょう。

 

できるようになったら、10歩ずつにしてみましょう。

これも1分からやってみましょう。

 

3.腹筋

いろいろな方法がありますが、

骨盤内臓の血流を刺激したいですね!

 

仰向けに寝て、片足ずつ交互に

お腹に引き寄せるようにします。

自転車をこぐように動かしてください。

 

足を伸ばして戻すときに、

床になるべく近い高さにすると、

より腹筋に効いてきます。

結構辛いですから、無理をしないように!

 

腰が反りぎみの人は

痛くなる場合があるので、その場合は

仙骨の下にタオルケットを8つ折りしたものを

入れた状態で行ってみてください。

 

これもまた1分から3分行いましょう。

いずれも、やり方がわからない方は、

スタジオシュカにいらしてください!!

大事なことは、毎日3分!

を継続して行うことです!!

少しずつ続けることで、

体が目覚めて血流が良くなる

ことにつながっていきます。

 

気がつけばいつの間にか

冷えも改善されてきた!

 

となるといいですね!!