お問い合わせ

体力とケガと病気

2013-11-08  体のこと

 

さて。
今日は体力と怪我や病気との関係性の話。

あなたはどのくらい、あなたの体力に気をつけていますか?
宮崎はあまり身体が強い方ではないので(自慢)
常に体力は高いところをキープできるよう意識しています。
なぜかというと、人の体は疲労が貯まると
怪我や病気になりやすくなるからです。

体力が落ちることで
生理学的には疲労を回復するために栄養が使われるため
免疫が作られなくなります。

免疫が弱くなれば風邪や、他の病気になりやすくなります。
また、疲労がたまってくると筋力が本来の力を発揮できなくなり
踏ん張りが効かずに怪我につながってしまう場合もあります。

ぎっくり腰などはこれですね。
その他、脳が回復を促進しようとして
睡眠モードに入ろうとするため
意識がボーっとしてきます。
こういう状態だとうっかりと怪我もしやすくなります。

 

そういうわけで人はできるだけ
健康で、元気な状態をキープする方がいいわけです。
お仕事してる人なら
単純に疲れてない方が能率もいいはずですよね。
バリバリと働いている人や
家庭をしっかりと守っている主婦の方は

結構自分のことを後回しにして
仕事や家事を頑張ってしまう傾向がありますが
定期的に疲労をしっかりと回復させて
元気な毎日を過ごされる方が
怪我や病気によるロスを防ぐことにもなります。
是非、あなたもできるだけ体力は回復させて
元気な状態をキープして毎日を楽しんでくださいね!!

 

宮崎