お問い合わせ

体を温める食材選び

2013-07-23  妊娠力アップの鍼灸術

こんにちは!山本です。

ここ数日涼しかったのに

暑さがまた戻ってきてしまいましたね。

 

さて、前回は

飲み物で体を冷やさないようにしましょう、

というお話をしました。

 

今回は続きで食べ物のお話をしたいと思います。

 

東洋医学の考え方の一つに

陰陽論という

すべてのものを陰と陽の二つのカテゴリーに

分けたものがあります。

 

陰と陽は互いに対立する属性を持った

二つの気をいいます。

 

陰陽論では

陰性の食材とは

緩める、冷やす、広がる性質があります。

 

陽性の食材は

締める、温める、凝縮する働きがあります。

 

また、暑い地方では体を冷やす作物ができ、

寒い地方では体を温める作物ができるのです。

 

具体的には、

体を冷やす食べ物・・・

ナス、トマト、きゅうり、レタス

バナナ、パパイヤ、パイナップル、マンゴー

精製されて白いもの(白米、うどん、白砂糖など)

緑茶、紅茶、コーヒー  など

 

体を温める食べ物・・・

れんこん、ごぼう、百合根、ほうれん草、ブロッコリー

そば、鮭、りんご、さくらんぼ、にんじん、ネギ

やまいも、かぼちゃ、黒豆、黒糖

塩、味噌、醤油  など

 

冬に体を温めるのは割とできても、

夏場に体を温めると思うと

少々苦痛に感じるかもしれませんが、

食べ方、調理の仕方を工夫して、

夏でも冷えない体にしておきましょう。

 

生ものは避け、煮る、炒める、揚げるなどして

火を通したり、トマトやきゅうりに塩を振っても中和されます。

 

冷えが強い、赤ちゃんが欲しい、生理痛がひどいあなたには特に

夏でも体を冷やさないように

まずはあなたに必要な食材を選んでくださいね♪