お問い合わせ

体の中をあっためる足浴

2013-02-02  妊娠力アップの鍼灸術

おはようございます。

昨日は午前中、友人の結婚式に参列しました。

結婚式ってなんか幸せいっぱいの空気で

あたたかな気持になりますね。
さてさて。

そんなわけで、心が温まったので

身体を温める話。

女性は冷え性の人多いですよね。

そして、冷えのデメリットは

かなりたくさんあるのも

今は常識になりつつあります。
・不眠
・免疫低下
・不妊
・不育
・男性の生殖能力低下
・胃腸の機能低下

などなど、あげたらキリがありません。
特に、子孫を残すための生殖器系は

冷えがあると血液が送られなくなります。

 

男性でも女性でも

これから、もしくは5年後10年後に

子供が欲しいと思う方にとって

冷えはもっとも身近でリスクです。
ぜひ冷えを解消する習慣を身につけてくださいね。
そこで今日は身体を温める

フットバスの入り方。
一時期のブームで

半身浴はあなたも経験があると思います。

 

今日は半身浴ではなく

フットバス。

 

くるぶしから下だけです。

東洋医学的に、

足首から先には火穴と呼ばれる

火の特性を持ったツボが集まっています。

そのため、くるぶしから下を温めると

身体全体が温まりやすくなります。

 

また、足は第二の心臓です。

足を温めることで

自律神経の緊張が緩むので

眠りが深くなりやすくなります。

 

そのために、

ご用意頂きたいもの。

 

『たらい』

『60度のお湯をいれたやかん』

『飲むための白湯』
たらいはフットバス用のたらいや

バスタブも売ってるので

それでもOKです。
でも金物家さんとかのが一番安いかも。

もしくは、お値段以上の家具屋さんとか。

あとは発泡スチロールとか。

 

お風呂の桶などはちょっと小さいので

これは使わないでくださいね。

 

ここに約40度のお湯をはります。

くるぶしの上4cmくらいまで浸かるくらい。

 

それと、60度くらいの温度のお湯を入れた

やかんを用意しておきます。
結構すぐに冷めてくるので

冷めてきたらお湯を足して

温度をキープします。

 

それと白湯。

 

足からだけでなく

お腹の中から温めます。

やはり体の中を温めるには

温かいものを飲むのが一番です。

 

そしてここに足をいれて

約6~8分間あたためましょう。

服は着ていてください。

 

こうすることで

半身浴のように上半身を冷やすことなく

自律神経をゆるめて

足先の血行の改善につながります。

 

そして、とても大切なのですが

体は温まると

血管の開いてくるので

血液が流れやすくなります。

 

しかし、意識が硬くなっていると

温めても血管が開きません。
そこで、イメージだけで良いので

『足先の血管が開いてくる』

ことを意識してみてください。
もしくは

足の血行がよくなってきたなぁ

と念じてみてください( ´∀`)

 

このイメージを持つかどうかが

人間の身体にはとても重要です。
いろんなことに共通しますが

『できる』というイメージを持てれば

どんなこともうまくいきます。

 

冷えが強く悩んでいる人は

ぜひ足先の血行がよくなることをイメージしながら

フットバスを継続してくださいね。
宮崎