お問い合わせ

ヘルニアって本当に痛いの?

2013-12-26  腰痛について

ヘルニアって本当に痛いの?
こんばんわー。
最近、やっとヘルニアの神経痛が収まってきた宮崎です。

ヘルニアって実は
ヘルニアがあるから必ず痛いってわけではない

ってこと、ご存知ですか?

まあ、そんなことを言うと
ヘルニアに限らず
いろんな病気に共通して

病気があるから必ず痛みがある(症状がある)わけではありません。

ヘルニアでも痛みがある人とない人がいます。
では、どうしてヘルニアの痛みがでるのか?

それは、ヘルニアという体の変化によって
痛みが出る要因を、ひとつ作るからです。
そして、その要因の影響力が強ければ
当然痛みは出ますし
影響力が弱ければ症状がでないわけです。
ただし影響力が弱い場合でも
痛みの要因が複数ある場合は
相乗効果で痛みが出たりしますね。

ヘルニア+疲労
とか。

ヘルニア+衝撃による炎症
とか。

 
要因の影響力が強い(もしくは複合する)と
ヘルニアを起こしている場所の周辺が

炎症という
痛みがでる状態を作ります。
炎症には強さがあるので
激しい炎症
軽い炎症
と程度がありますが

例えば
『今日ヘルニアが要因となって腰に炎症が起きた』

ときのことを
炎症の強弱にかかわらず、
分類としては急性の腰痛になります。
その炎症が強ければ
ぎっくり腰となるでしょうし

弱ければちょっと痛い
で済むかもしれません。
ここで注意した方がいいのは
ちょっと痛い場合です。

これを我慢して何かスポーツしたり
仕事をつづけたりすると

あとで激しい炎症(ぎっくり腰)になったりしますね。

 

話が少しそれてしまいましたが、

人の身体はヘルニアがあるから必ず痛いわけではなく
それが要因となって体に影響を与えるから痛みがでる

と覚えておいてくださいね。

今日はヘルニアについてでした。
宮崎