お問い合わせ

ストレスの怖さ

2013-10-10  体のこと

 
こんばんわ。
寒かったり暑かったりと、気温が安定しませんね。

こういうときには体は気づかいないダメージが溜まって
風邪をひいたりぎっくり腰になったりするので
気をつけてくださいね。

 

宮崎はすでに両方やりましたが。

 

 

・・・さて。

あなたはストレスの怖さ、ご存知ですか?


そうですよね、なんとなく体に悪い感覚はあると思います。
しかし、具体的にどうして体に悪いのか、
説明できる人はあまりいないのではないでしょうか。

 
人は体になんらかの刺激が入ることで
大なり小なり
体のどこかが緊張します。

無意識に力が入ることです。

 

そして、その体のどこかが緊張している状態を
『ストレス状態』と呼びます。
ストレス状態になると無意識に力が入り、
エネルギーを消費します。

エネルギーを消費することで人の体は疲れが発生します。
この疲労の蓄積が発散されないと
それが肩コリになったり、腰痛になったりします。

しかしストレスの怖いところは
そういうわかりやすい場所だけに

疲労の蓄積が起こったり
痛みや不快感などの変化が起こる、わけではない、

ということです。

 

例えば、

精神のバランスを司る化学物質が分泌される場所だったり
体を守るための皮膚だったり
胃腸などの内蔵だったり。
あげればきりがないのですが
人間の体はどこでもストレスの影響を受ける可能性があります。
そして、多くの場合、
『人はそこにストレスがかかっている』
ということを
自覚することができません。
そのため、気づいたときには
なんらかのダメージを受けるくらいに大きな疲労が蓄積している・・・
そういうことになってしまいます。
怖くないですか?
そのためもし、
あなたにストレスの心当たりがあるのでしたら
ぜひとも気をつけてくださいね。

 

ただ、ストレスはいろんな方法で解消することもできます。

リラックス・運動・マッサージ・瞑想・鍼灸・・・などなど。
なんでもいいです。

やった直後~数時間の間、
心も体もリラックスできるようなこと。
そういうことを行いましょう。
そして、
あなたのストレスが習慣的なものであるのなら
これらのストレス解消方法も
習慣的・定期的に行ってくださいね。
どれが効果的なのかは
人それぞれでだいぶ変わってきますが

一定の法則もあるので
必要でしたら宮崎にご相談くださいね。

 

今日は『ストレスの怖さ』についてでした。
宮崎