お問い合わせ

コラーゲンとビタミンCがお肌に効くと言われているけど??

2013-04-26  体のこと

おはようございます!!

今日も元気な宮崎です♪

さてさて。

今日はコラーゲンとビタミンCについて。

皆さんはこの二つがお肌にと~~ってもいい物質だってことを

よくご存知と思います。

レモンがビタミンC含有量の基準にされてしまうのも、

おなべにプルプルのコラーゲンボールが入れられてしまうのも、

このふたつがお肌の調子を最高にしてくれるから、です。

が、しかし。

実はこの二つ、

一度の食事でどっちかだけ取ってもあまり効果ありません。

なぜか。

コラーゲンという物質はお肌のぷるぷるぷるるんにとって

かなり重要なたんぱく質です。

そして実は身体の中のたんぱく質は30%はコラーゲンです。

筋肉や腱にもコラーゲンが多く含まれています。

特に肌に関しては70%がコラーゲンでできているので

体内でコラーゲンを生成ことがとても重要なんですね。

外からコラーゲンをとるだけではぜんぜん足りません。

ほとんどのたんぱく質はコラーゲン作りにまわされるくらいです。

そして、このコラーゲンを体内で作るときに

たんぱく質の他にビタミンCが欠かせません。

ビタミンCがないとコラーゲンを作ることができないんですね。

そのためビタミンcを一緒にとらないと

体内でコラーゲンが生成されず、

お肌がぷるぷっるぷぷるりんちょ!になりません。

こうなると、皮膚が丈夫にならないので

美容だけでなく、感染症や怪我の予防効果も弱くなってしまいます。

それなのでこの二つをできるだけ一緒に取るようにしましょう☆

というより、コラーゲン以外のたんぱく質を取るときも

積極的にビタミンCをとるようにしましょう!!

これでおはだもぷるんぷる♪

宮崎