お問い合わせ

クロスしたストレッチでパフォーマンスを上げる

2012-07-18  体のこと

おはようございます、宮崎です。

暑いですね~~~~~~!!!!!!!!!!!

熱中症には十分に気をつけてくださいね。

まずは水分の補給をこまめにしていきましょう。

さて。今日はちょっとストレッチの話。

人はなにか運動をするとき筋肉は体の中で交差するように力を入れて

動作につなげます。

例えば走るとき

右足を前に出すときは左腕を前に振りる、

そういう感じです。

これは走るときに限らず、

例えば投球動作や

ラケットスポーツのヒッティングでも見られる運動です。

そこで、運動前にストレッチをするときは

これを意識して同時に伸ばすようにすると

体の動きがスムーズになります。

上記の例で言えば、

右の太ももの前と左の胸の筋肉を同時に伸ばす、ような感覚です。

やり方は立っているときに右のふとももを後ろに引きながら

同時に左手は後ろにそらすような感じです。

こういうからだの中で筋肉が交差して力を入れることを意識すると

運動のパフォーマンスが変わります。

ぜひストレッチをするときには、

交差する筋肉を意識しながら、そのふたつを同時に伸ばすようにしてみましょう。

このクロスする筋肉は同時に硬くなる習性があるので、

逆に同時に伸ばしてあげることで

運動時のパフォーマンスや、

日常生活のこり方が断然変わります。

パフォーマンスアップのみならず、痛みや怪我のない生活に取り入れることで

仕事や家事の能率もかなりあがるはずです。

当院では施術の中でストレッチを取り入れて行っていますが

術後のケアの中で簡単にできるものについては、指導も行っております。

ぜひご活用くださいね。

宮崎

あとがき

一昨日は奥様と近所のファミレスで夜更かしでした 笑

自分の仕事の計画をたてたり、読書をしたり

互いに好きなことをやってるんですが、

いつもと違う場所だと

気分もリフレッシュしていいですねー。

今日も読んでもらったことに感謝です。

あなたに素敵な1日が訪れますように。