お問い合わせ

はり治療のやり方

2012-07-19  体のこと

おはようございます。

昨日ははげしく寝坊して自己嫌悪の宮崎です。

さてさて。

からだの中にいやなものが溜まってくると

からだの中がパンパンになってきますね。

簡単に言うと

疲労物質などの老廃物や

血液やリンパの流れが悪くなってそこに滞った状態です。

パンパンに膨らんで

これ以上は膨らめない!

ってくらい硬くなると

ガチガチになって痛みがでてきます。

肩こりとか腰痛ですね

鍼はこのからだの中でたまった嫌な『気』を

ぷすっと穴を開けて外に出すことができます。

そしてぷすっと穴を空けて外に出す技術を

シャ法(漢字が変換されず・・・)といいます。

このシャ法で手足に目に見えない小さな穴を開けて

からだの中のいや~~な空気を抜くと

なぜかス~~~~~~~っと痛みやコリが消えていきます。

それとは逆に補法という、

身体の中に足りなくなった気を押し込む方法があります。

気が弱ってしまって皮膚が力のない状態になっているときに

外から気を送り込んで張りを出す

そういうときにやります。

グ~~~~~~~~ッ!と力が入ってくるので

力が湧いてくる感じになりますね。

不思議ですねぇ。

今日はハリの治療の仕方でした。