お問い合わせ

ぎっくり腰を早く治す3つのルール

2013-10-08  腰痛について

ぎっくり腰は本当に辛いですよね。

なったことがある人にしかわからない辛さがあります。

この痛みの強さは、なかなか他にないですよね。
ところで、このぎっくり腰を早く治すためには、

絶対に守らなければならないルールがあります。

そしてこれはほとんどの病院や整骨院では守られていません。

すごく基本的なことなので、

なぜ守らないのか、よくわからないのですが

病院なら薬、牽引、湿布

接骨院なら電気、軽くマッサージ。

 

なぜかこれが定番となってしまっていますが

もっと重要な治療手段があります。

 

それは、RICEです。

お米。

 

 

RICE は捻挫の時の処置の頭文字です。

R 休息

I アイシング

C 圧迫

E 挙上

 

挙上するのはぎっくり腰のときには厳しいので

RICだけをしっかりと行います。

 

これらをしっかりと丁寧に行うかどうかで

治るまでの期間が1週間から1ヶ月以上変わります。

 

『え!?そんなに?』

 

と思うかもしれませんが、ほんとです。

特に、ぎっくり腰直後については

アイシングと圧迫をするだけで

悪化を止めることができます。

 

一番悪いのは、

むやみに電気を流したりマッサージをしたり牽引をしたり湿布をすることで

効果がないばかりか、悪化します。

 

ちなみに湿布は冷湿布でも温湿布でも

『直後は悪化につながる』ので

絶対にやめましょう。

そもそも冷湿布に冷却効果はありません。

 

腰痛に関しては

『温めてマッサージする』

という間違った固定観念がかなり広まってしまっていますが

一番、急性腰痛(ぎっくり腰含む)が多いと思われる、

スポーツ医療の現場では絶対に行いません。

温めないようにしてくださいね。

 

急性の腰痛で正しいのは、

まず冷やすこと。

次にコルセットで圧迫固定すること。

その上で休むこと。

この3つのルールが最重要です。

 

また、スタジオシュカでは

副作用を起こさないアイシング方法をお教えしていますが、

アイシングにはリスクも伴うので

必ず正しい手順で行うようにしてくださいね。

 

ぎっくり腰を早く治すための3つのルールでした。

 

宮崎