お問い合わせ

ぎっくり腰の治し方

2013-06-25  腰痛について

こんにちわ、健康美容鍼灸師の宮崎です。

今日も朝から大忙しです。

さて、今日はぎっくり腰の対処法、Fromスポーツ医学。

スポーツ医学はご存知かと思いますが

スポーツのための治療方法などを研究している学問です。

僕もスポーツ選手に関わっていたことが多いですが(いまもですけど)

スポーツ選手は一般の方と違い、

突発的に交通事故のような重いケガをすることが良くあります。

 

そのため、応急処置や、その後のリハビリテーションなんかは

一般の人にもぜひ取り入れて頂きたいくらいに効果が高いです。

特にアメリカはスポーツに関する医学が研究されているので

効果が高い治療が確立されていますね。

 

その中で今日はぎっくり腰の治療方法です。

あなたは『アイシング』という言葉を聞いた事がありますか?

 

簡単に言うと、痛いところを冷やす、治療方法です。

メジャーリーグを見ていると

試合後に大きなアイスパックで選手がアイシングをしているところをみかけますね。

 

このアイシングがぎっくり腰ではかなり重要で、

これをやるかどうかで、治療終了までの時間が1ヶ月くらい変わります。

 

腰痛というと、温める、というイメージが先行してしまいますが

まずはとにかく冷やすこと。

 

その上でトリートメント(鍼やマッサージ)を行い

テーピングやコルセットで固定します。

 

この一通りをちゃんとやれば1週間で治りますが

これをやらないと1ヶ月以上かかってしまうケースがよくあります。

 

保険治療の料金ではここまでできないので

病院も接骨院もやってないところが多いですね。

 

ただし注意点があります。

アイシングには凍傷と呼ばれる

冷やしすぎることでやけどのような状態になるリスクがあります。

 

そのため、やるときには必ず専門の知識のある人にやっていもらった方がいいです。

また、もしやるのであれば自己責任の上で行う必要があります。

くれぐれもお気をつけくださいね。

 

宮崎