お問い合わせ

ぎっくり腰の後期 リハビリ

2013-11-08  腰痛について

今日はぎっくり腰後期のリハビリ。

当院で治療を受けていれば
平均で2回目か3回目の治療にくるタイミングの時には
ぎっくり腰後期になっています。

この頃は
痛みはまだあるけど普通に動ける

くらいから、
痛みがほとんどないけど違和感がある、という程度。

そして、あなたももしかしたらそうかもしれないですが

『自分の意思で治療を終了してしまう』

時期です。

もちろん、それも悪くないのですが

もしあなたがぎっくり腰を繰り返したくない、
クセにしたくない、

そう考えているのなら
この時期に治療を受けて
リハビリをしっかりと行うことがとても重要です。

また、この時期もなんらかんら

ぎっくり腰のダメージは残っていて
こういうダメージは休んでいても痛みは消えないので

ジクジクといつまだも痛みが残ってしまうので注意です。

そこで。

骨盤の中に丁寧に弱い刺激を入れていくことで
腰周りの血流を改善させて
痛い時期に休んで落ちてしまった筋力を回復させましょう。

それをするだけで痛みは一気になくなりますし
クセになる確率が大幅に下がります☆

骨盤の中への刺激に関しては
ぎっくり腰の治療に詳しい鍼灸師などの治療の専門家なら
すごに答えてくれます。

そういうわけで、ぎっくり腰の後半には
ゆる~い運動を短時間で長期に渡って行ってくださいね。

宮崎