お問い合わせ

おうちでお手軽、骨盤矯正ストレッチの方法とは?

2013-04-26  体のこと

☆おうちでお手軽、骨盤矯正ストレッチの方法とは?☆柏市の出張はり治療スタジオシュカ

 

 

おはようございます☆

 

今日から月曜日ですね!!!!

ブルーマンデーなんて言葉もありますが、

テンションMAXで今日もハッピーにいきましょう!!!
さて。

昨日はこんな記事を書きました。

 

脚の長さが変わってしまう原因はご存知ですか?

 

 

読のメンドーな人のために超簡単に書くと、
足の長さの違いは先天的・後天的に骨の長さが変わってしまったか、

骨盤の歪みによって引き起こされます。
今日はその続きです。
脚の長さの違いをどうやって矯正するのか、
もしくは、脚の骨の長さが違っていても、
日常を快適に過ごすための運動とはどんなものか?!

 

 

 

 

これらを整えて日常を快適にしてくれるもの・・・

 

それは足の長さを揃えるストレッチです!!!!

 

 

 

今日は簡単に実行できるストレッチを2つだけご紹介しますね。

 
その前に・・・
前回書いたように、足の長さの違いは骨盤の歪みだけでなく、

足の骨の長さが変わってきていることもよくあります。
そのためストレッチでは足の長さがそろわない(骨の長さが違うため)場合もあるのですが

それでもストレッチを行い、骨盤周りのゆがみを解消することが

上半身へ与える影響は大きいのでぜひ実践してくださいね!!

 

 

では。
まず、足の長さを計ってみましょう!
両足を前に出した形で普通に床に座ります。

 

この状態で足を揺らしてみて

さらに両足を開いてみてください。

 

そしてそこからまた足を閉じてからだの前で揃えます。
そうするとことによってニュートラルな位置に戻りやすいので

足の長さの違いがわかります。
もし今近くにパートナーになってくれる人がいる場合は、

そのまま足首を両方いっぺんにひっぱってもらって、

脚の長さを比べてみてもらいましょう。

 

 

さて、どっちの脚が長いですか?
このときに右足が長いか、左足が長いかで

ストレッチが変わってきます。

よく覚えておいてくださいね!!!!

 

 

 

今日は左足が長い人用に説明します。(右足長い人ごめんなさいw)

 

 

左足の長い人はだいたいが、
左ふとももの前側の筋肉と
右ふとももの後ろ側の筋肉が硬くなっています。
それなのでこのふたつの筋肉をしっかり伸ばすことで
骨盤の位置がニュートラルの位置に戻ってきます。

 

 

下の写真を見てくださいね。
まず、写真のように片足をまげて座ります。

 

 

 

$スタジオシュカ 柏市の出張はり治療院のブログ

 

 

 

 

写真が反対で申し訳ないのですが

左足が長い人は写真と反対の

左足を曲げて座ります。

 

 

 

この時点でふとももの前がしっかりと伸びてる感じがするのならOKです。

 

無理がない程度にしっかりと伸ばしましょう。

 

 

もしからだが柔らかくて、ももの前が伸びないときは

さらにからだを後ろに倒すことで強いストレッチが可能です。

 

 

$スタジオシュカ 柏市の出張はり治療院のブログ
こうすることによってストレッチの強さが増すので

からだの柔らかい人でも筋肉が伸びてくるのがわかるのではないかと思います。

 

 

 

次は右足です。
左足と違い、右足はふとももの後ろを伸ばします。

こんな感じ。

 

 

 

$スタジオシュカ 柏市の出張はり治療院のブログ
からだの柔らかいひとはさらにつま先をつかんで

自分の方にひっぱることでストレッチが強くなります。
いかがですか?

簡単ですよね!!
しかしこの2種類のストレッチをすると
骨盤を前後左右からいびつに引っ張る筋肉が柔らかくなるので

ぐぐぐっ!っと骨盤の位置が戻ってきます。

 
このふたつのストレッチを

毎日、できたら30秒ずつ交互に2~3回行っていただくと最高です!!

 

ストレッチは1回だけやるよりも

2回、3回のセットで同じ筋肉を数回伸ばした方が

圧倒的に効果が出やすくなります。
しっかりと伸びたら今度は反対側のストレッチも行うとなおベターです。
右足の前側と 左足の後ろ側を

それぞれストレッチします。
このとき、左足の前面・右足の後面の硬さと比較してみて

同じくらいの硬さになっていれば

骨盤の歪みを引き起こす筋肉の緊張が緩和されています。

 

 

ただし、注意点があります。
膝の靱帯を過去に痛めたり切ったりした経験がある方、

ふとももの前後面の筋肉やふくらはぎの筋肉で肉離れをして2週間以内の方

今現在、脚のどこかに怪我をしている方、

 

以上に当てはまる場合はお医者さんや、

専門家の判断を聞いたうえで実行してくださいね。
基本的には難しい知識はいりません。

 

脚の長さを比べていただき、

上記の写真のようにやるだけなので
ぜひ実践してみてください!!

 

 

 

 
宮崎