お問い合わせ

うつにならないために

2012-07-19  体のこと

おはようございます。

今日もハッピーな一日になりそうですね!!

さて。

昨日は

がんばる方向を変えましょう!!

と話しました。

今日はもっと具体的に何をどうするといいのか、書きますね。

なにかを頑張ると、人はエネルギーを消費します。

頑張り過ぎて0になってしまうと

からだは病気になります。

でも、なにかを頑張らないと、うまくいかないことも多いですし

いろんな病気もがんばらないことで起きてきます。

たとえば今回のテーマのうつ病も、

がんばる方向が間違っていなければ予防ができることが多いですし

ある意味メタボリックシンドローム由来の病気は

がんばることでしか予防できない、ともいえるかもしれません。

もちろん頑張れば必ずしも予防できるわけでもないですが

頑張らない場合に比べて発病率がかなり変わる、

ということもよく覚えておいてください。

でも、ただなんでもいいから頑張ればいいか、

というと、そうではありません。

がんばってるだけだと、

いつかはこころのエネルギーが0になってしまいます。

そうすると前回言ったように病気になります。

それなので、エネルギーが増えるように、

『エネルギーを増やすこと』

このために頑張ることが大切です。

こころのエネルギーを増やすためにはやはり運動が一番なのです。

なぜなら心と体は表裏一体なので、

体力がついてくると、

こころのエネルギーもどんどん溜まってきます。

ただし、最初のうちは、『運動の質や量をひたすらがんばる』

のはあまりおすすめできません。

そういうがんばりはずっと継続することができればとても効果的ですが

エネルギーの消費も激しいので

貯蓄量が増える前に

心のエネルギーが切れてしまう可能性も高くなります。

それに、うまくいったとして、2年3年と続いても

ちょっと1ヶ月休んでしまうと

再開が難しくなります。

この辺はスポーツをやっていた人は思い当たるのではないでしょうか。

また、体力が就く前に負荷の強いトレーニングや

運動量の多いトレーニングをしてしまうと

翌日に疲労や痛みが残ってしまい

三日坊主率が高くなってしまいます。

まさに本末転倒です。

それよりも、5分とか10分でいいので

とにかく毎日『続けることをがんばる』

ということをよく意識してくださいね。

とにかく1日10分でも毎日やること、

『継続すること』

これがとてもとても重要です。

一生懸命やる必要もないですし、

トレーニングウェアに着替える必要もありません。

重たいバーベルも不要です。

とても簡単です。

ただし、毎日やりましょう。

歯を磨く、顔を洗う、ご飯を食べる、

そういう感覚で毎日同じ時間に10分、

運動を続けてみてください。

実は10分といっても

毎日続けるのは本当に、かなり大変なことです。

余裕で三日坊主になります。

でも、毎日続けることで

体力がどんどん向上する上に、

血管の中を血液が通りやすくなるので

体が疲労回復しやすい状態に変わっていくのが実感できます。

とにかく10分でいいので10日間。

その次は、20分に増やすよりも

10分をさらに1ヶ月の継続を目標にしてやってみましょう。

まずは『今日から』。

そして、それが1年も経つと

やらないではいられない体に変化します。

こうなってしまえばもう、こっちのものです。

やらないと気持ちが悪いので

やりたくて仕方なくなりますし

体力もついているので、量や質も高めることができます。

1年と考えると長いので、まずは10日、がんばってみてください。

では10分の運動でこころのエネルギーがたまるのはどんな運動か?

実はこころのエネルギーを増やすためには

規則的な反復運動が効果的です。

同じ動作を繰り返す運動を続けることで

セロトニンの分泌量が増えることが確認されています。

このセロトニンが心のエネルギーになるので

毎日少しでも反復運動を、

がんばって継続して頂いて

こころのエネルギーを溜めていくことで

うつ病やその他いろんな病気にかかりづらい身体になります。

もし、あなたの職場がストレスフルなら

毎日10分の座禅(腹式呼吸)を欠かさずに行いましょう。

座禅を組んで、腹筋と横隔膜(呼吸の筋肉です)を

大きく規則的に動かしてください。

うまくできるようになると、

こころのもやもやがすっきりと晴れてきますよ!

ちなみに宮崎は毎朝、座禅をやっています。

やらないと朝のおなかの調子が変な感じで気持ち悪いくらい続いてます 笑

もし、PCの作業をひたすら黙々と続けるような職種なら

太極拳のようなゆったりとした動きで

凝り固まった筋肉を動かしてあげるととても気持ちがいいですねー。

肩などの筋肉が動かずに固まった状態から

急に早い動きをすると筋肉を怪我するので

太極拳のゆったりと大きな動きで緊張をほどいていくと、

終わった頃にはゆるゆるになっています☆

もちろん、必ずしもこれだけではありません。

なんでも大丈夫です。

これらの東洋で古くから行われえている『修行』は

実はからだの健康のための研究がしつくされています。

昔の人は科学も発達していなかったので

本当に本当に人間のからだや反応をよく観察して

効果の高く、体にとって負担のないものだけを

後世に残そうとしてくれました。

とてもありがたいことですね。

今日はすごく長くなってしまいましたが

ぜひ毎日10分の運動を、今日から継続していきましょう。

まずは10日後です。

がんばってください!!!

宮崎