お問い合わせ

★からだは冷やさないことよりも熱を作り出すことが大切です★

2013-04-26  体のこと

 

★からだは冷やさないことよりも熱を作り出すことが大切です★

 

こんにいちわ。

鍼師の宮崎です。

 

最近は暖かかったのに

昨日の夜から急に冷えましたね。

 

人間の体は『寒い』

もしくは『熱い』など

どちらかには慣れることができます。
それはホメオスタシスという、

体の内部を一定に保とうとする機能が働いているからなんですね。
たとえば、

寒いところで生活していると、

皮下脂肪を蓄えて体温をキープしますし、
反対に熱いところで生活していると

汗腺が開きやすくなって熱を下げやすい体になってきます。

 

しかし、昨日今日のように

短期間での変化に対応できるほどには

ホメオスタシスは働いてくれません。

 

どうしてもある程度の時間が必要になってきます。

 

そのため、体を冷やさないために

衣服で調節されていると思います。
こういう急に冷える火にはしっかりと防寒して欲しいですね。

 

やはり体が冷えると

風邪や病気になるだけでなく

怪我をする可能性も高くなります。
しかし残念ながら寒くなったからといって

防寒するだけでは不十分です。
もっと大切になるのは

<font color=”#FF0000″><font size=”5″>
<strong>自分自身のカラダから発せられる熱量を大きくしましょう。</strong>

</font>

</font>

寒いときでも

しっかりとした運動していると、体が熱くなってくると

ぽかぽかとしますよね。

 

筋肉がある程度以上の量になると

強い運動をしなくても、体は冷えなくなります。
筋肉は大きいほど

小さな動きでも大きな熱を発生するようになるからです。
それなので

毎日運動してカラダを丈夫に鍛え

寒さに強くしていきましょう☆

 

 

宮崎